給湯器で家庭を暖かく【風呂暖まれば身体も心もポカポカ】

Change heater water

冬場の故障は致命的

給湯器が故障するときには、異変があります

heater water

給湯器は普段あまり目にしない部分に設置してあるため、気にかけたりしないものです。しかしいざ故障してしまうと、とても困ります。お風呂にお湯が張れなかったり、シャワーが水だと冬場は特に困ります。しかしその冬場は一番給湯器トラブルが起きやすい季節なのです。外気温も水温も低いため、温水にかえるにはパワーがかかります。給湯器に負担がかかっている状態なのです。故障してしまってから、慌てて業者に連絡しても、工事に数日かかることが多いようです。故障する前には前兆がありますので、そのような異変があったら業者に連絡して点検してもらいましょう。場合によっては故障ではなく寿命なのかもしれません。給湯器の寿命は使用頻度にもよりますが、10年を一つの目安としてください。それ以上長い期間使用に耐えることもあるようですが、機械に負担がかかりエネルギーが余分に必要なこともあるようです。

10年近い使用で異変があれば寿命だと考えてください

給湯器の異変というのは、いくつかあります。まずは、給湯温度が上下してしまうことです。お湯を出し続けた状態でも、急に熱湯になったり水になったり、ということがあれば要注意です。次に給湯器の音です。着火する際の音が大きくなったように感じたら、これも要注意です。そしてお湯張り機能が正常に作動しない場合も要注意です。設定した温度よりぬるかったり、追い炊きが作動しなかった場合などです。このような異変があり、10年近く使用した給湯器であれば寿命の可能性が高いでしょう。早めに業者に連絡しましょう。まだ数年程度の使用で上記のような異変があれば、寿命ではないでしょうから、修理で対応できるでしょう。取り付け工事費なども各業者のホームページから簡単に見積もることが出来ます。