給湯器で家庭を暖かく【風呂暖まれば身体も心もポカポカ】

Change heater water

故障に備える

突然の故障に備えて知っておきたいこと

heater water

風呂や台所で、もはや必須ともいえる給湯器。それがもし、修理できないくらいに壊れてしまったら、早急に交換しないと私生活に支障が出るのではないでしょうか。 しかし、給湯器の交換にかかる費用は決して安いものではなく、機器や工事費全て含めて十数万円ぐらいが一般的な相場のようです。また、給湯器も色々あり、主な種類として、大きく分けて、ガス、石油、電気、エコキュートがあります。ランニングコストや耐用年数の長さなど、それぞれに長所・短所があるようなので、よく調べて検討したほうがいいと思います。 給湯器の寿命は、大体10年〜15年くらいと言われています。そして、最も必要ゆえに酷使する冬に壊れやすいそうです。壊れた時はもちろん、まだ壊れていなくても長期間使用している場合などは、急な故障に備えて、これらの情報を知っておいて損はないと思います。

タイプ別、給湯器の長所・短所

給湯器には主に4つの種類があります。それぞれの特徴を知り、交換の参考にするとよいでしょう。 ガス給湯器は、異音が発生することがあまりないので静かな反面、異常にも気付きにくいので、やや注意が必要です。また、燃料費が石油よりも高めですが、機器の値段が石油のものよりも安く、寿命も長めなので、全体で考えれば同じくらいのコストかと思われます。 石油給湯器は、燃焼時の匂い・異音がやや気になる場合があります。コストに関しては、前述のとおりです。 電気温水器は、寿命が他の機器に比べて長めだそうです。短所は、貯湯式のため、水の衛生面でガス・石油給湯器に劣り、また、給湯量に上限があることです。 エコキュートは、ヒートポンプユニットの使用により、ランニングコストは安いそうです。ただし、初期設備費(機器代)が70〜80万円と高く、また、こちらも貯湯式のため、衛生面と給湯量にやや不安があるようです。 あとは、ちゃんとした工事業者を選ぶこと。悪質な業者にぼったくられないようにするためにも、色々な知識を身につけておいたほうがいいでしょう。 様々な情報をしっかり集め、給湯器の交換を少しでも安く、良いものにできればと思います。